勝つピンボールマシン

About

日本みどりのプロジェクト推進協議会について

世界的な気候変動への対応は、国や企業にSDGsやESGへの取組みの具体化へ繋がっています。
世界でも有数の森林比率を誇る日本でも自然を整備し守り、また活用していく段階にあります。
コロナ禍の下、自然に触れ体(ti)験(yan)する新(xin)たなニーズが生まれ、各(ge)地での取り組みの機(ji)会が拡大しています。

日本みどりのプロジェクト推進協議会では、日本の自(zi)然(みどり)を核に都市(shi)と地方が連携し、以下の事項を達成します。

  • 地方創生の実現
    交流人口の拡大を図ることにより経済の好循環を創出します。
  • ゼロカーボン・脱炭素社会
    SDGsに向けた取組みを通じ、ゼロカーボン・脱炭素社会に貢献します。
  • 生物多様性の保全
    多様な主体との連携により生物多様性を保全します。

Message設⽴趣意書

新型コロナウイルスが世界を⼀変させました。
今(jin)、全ての業界・業種(zhong)で、新たな様式(⽣活・ビジネス)への適応とチャレンジが求められています。

また近年、異常気象による度重なる⼤規模⾃然災害の発⽣は、かつてない程⼈々に環境保全意識の⾼まりを⽣んでいます。
私達(da)は、環(huan)境や社(she)会よりも経済政策を優先させるのではなく、むしろこの機会をきっかけに脱炭素に向けた気候変動対(dui)策をさらに推し進め、⽣態系や⽣物多(duo)様性(xing)の保全を通じて災害や感染症などに対(dui)してより強靭かつしなやかな社(she)会・経済モデルへと移⾏していくという「グリーン・リカバリー」を⽬指していくべきです。

私達は参加企業、都道府県をはじめとした⾃治体、⼤学や研究機関など産官学の様々なステークホルダーが、 SDGsの取組拡⼤や⾃然を活かし、次世代へつなげるための新アイデアを具現化・新たな事業を創出する起点として、「⽇本みどりのプロジェクト推進協議会」を設⽴します。
この協議会の活動(dong)を通じて、例えばコロナ後の地⽅での新たな観光(guang)スタイルの確⽴や都市緑化(hua)への取(qu)り組みなど、⾃然との共⽣・調和を前提とした社会・経(jing)済活動(dong)へのシフトを促(cu)し、「⾃然(みどり)」を核としたSDGsに向(xiang)けた取(qu)組みを全国各地で加速化(hua)させることにより、⽇本の、更には世(shi)界のゼロカーボン・脱炭(tan)素(su)社会へ貢献(xian)することを⽬指(zhi)します。

今こそ前に踏み出しましょう。
近年多発する⾃然災害の低減、多様な⽣態系保護の重要性、コロナ後の新たなLife Style の提唱、2025 年⼤阪・関⻄万博(bo)における世(shi)界へ向けた情(qing)報発信など、私達と⼀緒(xu)に、今(jin)までにない取り組みを始めましょう。

⽇本みどりのプロジェクト推進協議会
会(hui)⻑ 阿部 守⼀

Messageみどりの⽇のメッセ―ジ

(会員皆様に棟梁のひとりごと)
会員の皆様、昨年はみどりの日の由来についてお話させて頂きました。
昭和天皇は生物学の研究に注力しており植物に造詣が深く、
森林づくりを大切にされ、自然を愛しておられたことをお話させて頂きました。
今回は私が思う5月4日、みどりの日に関係するお話をさせて頂きます。

私は建設業ですので、仕事の関係で、自然統計学(氣学)勉強させて頂いております。
寺を建てる、数寄屋・住宅建築等の方位、時期、特に木材の伐採等に必要だからです。
因みに今年は四緑木星、癸卯年です。人のご縁を特に大事にする年だそうです。

私は今年で約50年間仕事の関係で、日本産材、檜、杉、松等を中心に建築に使用させて頂いております。
日本には四季があり、様々な種類の木が育つ土壌、気候条件が整った世界に誇れる山林大国であります。森林に感謝です。
この五月は国土の68%が森林ですので、言い換えますと日本国が三分の二
みどり一色になる時期がこのゴールデンウイークです。
そして、みどりの葉が、水を吸い上げ、木々を育て空気を洗浄して、何年もかけて水を作り出し、清水となり沢から川に流れ、お米を中心に野菜、果物等、五穀を育て上げ、海へと流れ、バクテリアを発生させ、魚も育てております。
言い換えると森林の自然の恵みに、感謝をする日が、みどりの日と思います。
そしてなぜ植物の葉は緑なのか色々説はありますが、一言でいうと植物は緑色の葉緑素を使って光合成を行っているからだそうです。

私はなぜか、みどり色が若い時から大好きです。
仕事柄、色鉛筆・蛍光ペンを何色もありますが、一番使うのが緑色、黄緑、でありまして、この色だけ何本も別に買い求めてあります。
この2年間位、仕事が忙しく、特に使ってます。
専門家に聞きましたらみどり色は、心身をリフレッシュしたい時に、好む色、疲れを癒す・眼を休ませるさらに平和色とも言われております。

そう言えば、この三年間、コロナ過や、戦争が続き、みどりの色が多く使われるのも不思議ではないですね。
みどり、について、お話は尽きませんが、結びに氣学に戻りますが4月の17日から5月5日まで暦上(土用です)これから夏を迎えるにあたり、身も心も健康にする期間でもあります。
体力付けるのは、鰻だけではありません、八十八夜の歌をご存じですか、夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂るこの唱歌は皆さんご存じですね。
八十八夜は、2月4日立春から数えて、5月2日が八十八夜です。
野にも山にも緑の野菜・山菜たくさんあります。
先ず家族で野山のみどりを見てストレスを解消して疲れを癒し、世界の平和を祈り野山のお花を見て自然を堪能して下さい。
美味しい、春野菜、山菜、新ジャガイモ・新玉ねぎ・わらび等、数えきれない
みどりの食物の栄養を沢山採ってください。
今年は、よりご健康で数多くの皆様とのご縁を築きあげ、会員皆様のご活躍と、ご家族様のご多幸を祈念いたします。

令和5年4月(卯月)吉祥
日本みどりのプロジェクト推進協議会
プロジェクトアドバイザー
伝統建築・林業木材活性化担当

株式会社 番匠
代表取締役 棟梁 田子和則

組織概要

組織理念
2025年大阪・関西万博も見据え、自治体、大学、観光団体、民間企業、事業所が官民一体となって、自然(みどり)による観光振興、文化振興、地域経済の活性化を図る、持続可能なプラットフォームの構築を目指す。
基本活動方針
①学ぶ
国民的運動につながる、自然(みどり)に触れ、学ぶ機会の創出
②増やす
教育機関や企業等との協働による植樹及び都市緑化の推進とSDGsに関わる新事業の創出
③活かす
国立・国定公園等の自然環境を保全するとともに、上質化を図り持続可能な利用を推進
また、上質な自然環境の効用を活用して行う様々な活動の推進
④伝える
2025年大阪・関西万博などを活用した国内外への情報発信
協議会役員
会長
  • 長野県知事 阿部 守一
副会長
  • 高知県知事 濵田 省司
  • 三重県知事 一見 勝之
  • 鳥取県知事 平井 伸治
  • 熊本県知事 蒲島 郁夫
  • 公益財団法人 大阪観光局理事長 溝畑 宏
理事
  • 一般社団法人 長野県観光機構理事長 野原 莞爾
監事
  • 茅野市長  今井 敦
  • 山ノ内町長 竹節 義孝

※令和3年6月30日現在

事務局
  • 長野県
  • 一般社団法人 長野県観光機構
  • 公益財団法人 大阪観光局
  • 一般社団法人 ナショナルパークスジャパン
  • 一般社団法人 テラプロジェクト
パートナー
学術連携(アドバイザー)
  • 小林 昭雄(大阪大学名誉教授)
  • 涌井 史郎(東京都市大学特別教授)
  • 宮林 茂幸(東京農業大学教授)
  • 松本 亮三(東海大学名誉教授)
  • 喜多 隆(神戸大学教授)
観光・インバウンド・教育など
  • 公益財団法人 大阪観光局
  • 一般社団法人 長野県観光機構
国立公園整備・活用
  • 一般社団法人 ナショナルパークスジャパン
都市緑化
  • 一般社団法人 テラプロジェクト
  • みどりのイノベーション推進会議
政府・関連機関
  • 環境省
  • 総務省
  • 農水省
  • 国土交通省
  • 林野庁
  • 観光庁
アンバサダー
  • 市川 海老蔵
  • 隈 研吾
  • 渡辺 謙